R.O

2018年 新卒入社

Energy , Idea, Innovation.

熱量
でイノベーションを起こす

新卒で入社して3ヶ月目からメインプロジェクトのシステム開発担当に。目の前のすべきことにひとつひとつ取り組む毎日。気づけば「自分には無理」から「大丈夫、なんとかなる」へとマインドチェンジしていた。その源泉は壁に立ち向かう自身の熱量でした。
私は「Energy」でイノベーションを起こします。

新卒入社後すぐにシステム開発の基幹部分を担当、
大きく自己成長を遂げた1年半

スタイル・エッジLABOへの入社理由は?

大学は商学部で金融を専攻していたので、周りの友人は銀行や不動産関係に就職する人が多く、エンジニアの道に進んだのは僕だけでした。エンジニア職に興味を持ったのは、所属していたサークルの広報担当としてウェブサイト制作を任されたことが影響していると思います。

もともと自分の性格上、営業的な仕事は出来ないと思っていましたし、コーディングをしていく中で、こうやって黙々とひとりで作業に集中できる仕事もいいな、と感じていました。あとはスーツを着たくなかったというのも大きいですね(笑)。

就職活動では合同説明会等に参加して、とにかくたくさんの会社の人事担当者と話をしましたが、選考の中で人事以外の社員の方と話ができたのはスタイル・エッジLABOだけでした。インターンシップでの懇親会をはじめ、実際に入社した時に一緒に働くことになるエンジニアの方々ともざっくばらんにお話することができました。

選考段階で、エンジニアの社員の方ともお話しする機会を設けていただき、「すごいオープンで懐の広い会社だな」とビックリしました。さらに「まずは試しにインターンで一緒に仕事をしてみない?」とお声がけいただけたことも嬉しかったです。
やっぱり入社した際に実際に仕事をする方々と事前に密なコミュニケーションをとれたこと、そして、インターンという形で入社後の自分をイメージできたことで安心しましたし、入社の決め手になりましたね。

仕事のやりがいを感じる瞬間は?

僕が任されている業務は、スタイル・エッジグループのクライアントである法律事務所の顧客管理システムをフルリニューアルするプロジェクトです。このプロジェクトはまさにスタイル・エッジLABOのメイン事業で、僕はシステムの基幹部分の開発を担当しています。既存システムを改修するのではなく、ゼロからつくって、ちょうど開発が佳境を迎えているところです。

2018年4月に新卒入社したので今年で入社して2年目になりますが、入社3ヶ月目から本プロジェクトにアサインされたことが驚きでした。
正直な話、最初は戸惑いや不安の方が大きかったですが、先輩方のあたたかいサポートのもとプログラムを書いてはレビューをもらって修正する、ということを日々繰り返し、気づけばマラソンで言えば40キロ地点まで来たところです。残り2キロのラストスパートですが、リリースまでしっかりやりきらなきゃ、といった一種の使命感のようなものがあります。
入社したての自分がメインプロジェクトの根幹部分を担当しているわけで、振り返ればまさに「やりがい」だらけの1年間でした。

スタイル・エッジLABOの魅力とは?

入社2年目ですが、去年の自分とは比較にならないくらいコードが書けるようになっているんです。繰り返しになりますが、入社3ヶ月目の新人がメインプロジェクトの根幹部分を担当させてもらえるように、年次に関係なく若手であっても責任の大きな仕事が与えられます。
ですので、僕だけでなく他のメンバーもそうだと思いますが、最初は無理だと思っても最後までやりきれば自分でも驚くほどの圧倒的な成長の実感があります。つまり、スタイル・エッジLABOには爆速で自己成長できる環境がある、ということが最大の魅力かと思います。

具体的には、若手でも責任ある仕事が任せてもらえるカルチャーにはじまり、「やってみなはれ」の精神であたたかくサポートしてくれる先輩方の存在が大きいと思います。他にも能力を存分に発揮するためのユニークな制度も充実しています。
たとえば、業務時間内の好きな時に、20分間寝ることができる「まどろ眠」という制度がありまして、実際にお昼寝をしたりしています(笑)。
あとは、出社時間を7時から10時30分の間で自由に選べる「時差式出勤」とか、月に1日は業務をせずに好きな勉強ができる「トレードワーク」という制度、参考書や技術書などを金額の上限なしで会社負担で購入できる制度などもあります。
僕自身もこれらの制度をうまく活用しながら、「自分には無理だ」と思う壁にぶつかっても「なんとかやってみよう」と日々闘っています。その繰り返しの中で自己改革が起きているのを感じています。

とある1日のスケジュール

  • 7:30

    出社

    朝イチの集中力が高いので、作業効率を上げるために、出社時間はいつも早め。
    チーム内でも、いつも一番のり。

  • 7:45

    担当システムのデバッグ作業

    前日夜に複数のバグが発生していたため、まとめて対応。
    また別のバグが発生しないよう、ほかにもバグ発生の原因になるものがないか確認。

  • 9:00

    開発作業

    コードレビューで指摘された箇所を確認し、先輩社員にアドバイスをもらいながら、再度コーディングを進める。

  • 10:30

    上司との1on1ミーティング

    月に1度、直属の上司との面談を実施。
    業務の振り返りはもちろん、今後やりたいことや悩み相談など、ざっくばらんに話している。

  • 11:00

    ナレッジ共有会に参加

    週に1度、部署全員参加で実施している勉強会。
    年次問わず、持ち回りで各自の得意分野を発表し合い、様々なノウハウを共有していく。

  • 12:00

    ランチ・昼寝

    最近は代々木周辺を散策中。オフィスに戻り、各種メッセージを見て急ぎの対応がないことを確認したら、午後の業務に集中できるよう、しばし自席で仮眠。

  • 14:30

    新システム開発ミーティング

    今度のシステム開発プロジェクトでは、社内ではまだ実績の無い技術を導入することが決定したため、先行して技術検証を実施。その後プロジェクトメンバーに結果を報告。

  • 15:00

    社内ITサポート対応

    社内でメールの送信ができないという問い合わせを受け対応へ。
    珍しい対応となったので、部内の情報共有ツールに事例を記載し、情報連携を行う。

  • 16:30

    退社

    仕事がはやく終わったので、買い物など少し寄り道をしてから帰宅。
    興味のある外部セミナーや勉強会を見つけると、それらに参加することも。