N.T

2016年 中途入社

Talk , Idea, Innovation.

対話
でイノベーションを起こす

システムの検証ひとつとっても単純ではありません。想像力を駆使してあらゆるパターンの検証を試みます。優れた検証は経験と知識の蓄積に裏打ちされます。それらを後進につないでいくには一方的に説明するのではなく、じっくりと話し合うことが大切です。
私は「Talk」でイノベーションを起こします。

豊富な経験や知識をもとにシステム検証を行い、
今では後進の育成もミッションに

仕事におけるミッションは?

高校生の頃からIT関連の仕事に就こうと決めていまして、卒業後は情報系の専門学校に進み、その後コンピューターサイエンス学部がある大学に入学し、PCの基盤作りからプログラミングまで幅広く学びました。大学卒業後、SIerで働き、iOSのアプリ開発を中心に受託開発を5年程度行っていました。そして、縁あってスタイル・エッジLABOにシステムエンジニアとして中途入社し、今年で3年目になります。

スタイル・エッジLABOは、主にクライアントである法律事務所の顧客管理システムを自社開発しているのですが、私はこのシステムのフルリニューアルに取り組んでいます。
仕事のミッションは2つありますが、1つ目はこのシステムを無事にリリースさせることです。そのためにリーダー的な立ち位置で、チームメンバーからあがってきたプログラムを検証し、バグが出ないように細心の注意を払いながら、開発に励んでいます。
2つ目のミッションは後進の育成になります。システムの検証と一口に言っても単純ではなく、あらゆる観点から行う必要があります。

ただ、そのためには経験や知識の蓄積がどうしても求められます。チームメンバーには新卒のエンジニアもいますし、システム検証の時にはじっくりと話し合い、さらにシステム的な観点だけではなく、ユーザーから見た場合に仕様がどうあるべきかといった思考力も培えるよう意識しています。

仕事のやりがいを感じる瞬間は?

やっぱり自分たちがつくったシステムをクライアントに使ってもらって「使いやすくなった」「業務効率が上がった」と直接言っていただけることが一番嬉しいですし、やりがいを感じます。前職のSIerの時に痛感しましたが、システムというのはちゃんと動いていて当たり前のものですし、一般的な開発プロジェクトでは、二次/三次請けといった階層があるケースが多く、そもそもシステムを使ってくれるユーザーと開発者の間に距離があり、自分が作ったシステムが、実際に使われているシーンを見たことがない、なんてエンジニアも世の中にはたくさんいます。

でも、スタイル・エッジLABOでのシステム開発はユーザーとの距離が近いだけでなく、ユーザーの声を都度反映してシステムの改修を行っているため、感謝の声などユーザーの反響に触れる機会がとても多いんです。これって実はとてもありがたいことだと思います。
また、今佳境を迎えているシステムのフルリニューアルもそうですが、開発の初期段階から自分の意見を反映してもらえることも大きいです。それは若手であっても同じことで、年次に関係なく上流から開発に携われることがスタイル・エッジLABOの魅力でもあり、やりがいにもつながると思います。

他にも、先ほど申し上げたように新卒を中心に後進の育成も任されていますが、教えたことを理解してくれて、ある時から「スッ」と自力でやり切れるように成長した時に「良かったなあ」と感じますね。

一緒に働きたい人は?

スタイル・エッジLABOでは、「プログラムを書くだけの人」「インフラだけをやる人」「設計書をおこすだけの人」といったように大枠で役割が分かれているわけではありません。
ですので、「自分はこれだけしかしたくないです」というよりは「設計書もプログラムも書くし、インフラ側の障害が起きればそれも対応する」といったようにフットワークが軽くて、システムエンジニアとして幅広く色々なことをやってみたい、というメンバーが多いです。
また、メンバー同士の仲が良く、社員一人ひとりの技術や、ナレッジを共有する場などを設け、コミュニケーションを活発にする場もあります。開発も全員で行うため、チームワークを大切にする方がフィットするのではないかと思います。

スタイル・エッジLABOのメインクライアントは法律事務所ですが、法律業界はまだまだITのチカラ、もっと言えばシステムエンジニアの活躍できるチャンスがたくさんあると感じています。
一例をあげれば、今フルリニューアルしている顧客管理システムは既存のクライアントだけでなく、日本全国の法律事務所が使ってもらえるようなシステムとして広く展開していく予定です。テクノロジーのチカラで士業・師業をアップデートし、「日本中の士業・師業になくてはならないシステム」の開発をしていきたいと思っています。業界を変えていく、そんなチャンスを楽しみながら、挑戦していける方と一緒に働いていきたいと思っています。

とある1日のスケジュール

  • 9:30

    出社

    通勤ラッシュを避けて出社。到着後、まずは各種メッセージを確認。
    急ぎの問い合わせやトラブルが発生していないかを確認しつつ、1日のタスクを整理。

  • 11:30

    担当プロジェクトの進捗ミーティング

    進行中のプロジェクトをスムーズに進めていけるよう、各自の進捗状況や、実装・検証上の課題や懸念事項など、情報共有を細かく行う。

  • 13:30

    ランチ

    新宿・代々木界隈はおいしいお店が多いので、最近は少し遠出をしてお店を開拓。
    天気の悪い日や忙しい日は、お弁当の社内販売を利用することも。

  • 15:00

    システムのユーザーからの要望をヒアリング

    システム利用者は、各クライアント先で働くスタイル・エッジ グループのメンバーでもあるので、使いやすさ・要望など率直な声を聞く場を設け、課題を洗いだし、改修箇所を検討していく。

  • 16:00

    チームメンバーのコードレビュー

    後進育成もかねて、後輩や新人のコードレビューを実施。
    立場上、指摘をすることが多いものの、逆に新たな発見があったり、刺激をもらうことも。

  • 17:15

    開発作業

    仕様確認を行いながらコーディングを進める。

  • 18:30

    業務終了後、社内サークル活動に参加

    スポーツサークル制度を利用したヨガサークルに参加。
    オフィスに講師を招き1時間のレッスンを受けリフレッシュし、退社。